誕生石

各月の誕生石
各月の誕生石を次の表に示す。複数の誕生石がある月もある。

1月
ガーネット(柘榴石)
2月
アメジスト(紫水晶)
3月
アクアマリン(藍玉)
コーラル(珊瑚)
ブラッドストーン(血玉、血玉髄)
4月
ダイヤモンド(金剛石)
クォーツ(水晶)
5月
エメラルド(翠玉、緑玉)
ジェイド(翡翠)
6月
パール(真珠)
ムーンストーン(月長石)
アレキサンドライト(金緑石)
7月
ルビー(紅玉)
カーネリアン(紅玉髄)
8月
ペリドット(橄欖石)
サードニックス(紅縞瑪瑙)
9月
サファイア(青玉)
10月
オパール(蛋白石)
トルマリン(電気石)
11月
(イエロー)トパーズ(黄玉)
シトリン(黄水晶)
12月
ターコイズ(トルコ石)
ラピスラズリ(瑠璃、青金石)
ブルートパーズ
ジルコン(風信子鉱)
タンザナイト(黝簾石)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自分の誕生石を身につけると幸運を呼ぶといわれているが・・
旧約聖書・新約聖書からきているものと思われます。

今 日の誕生石は1912年に米国宝石商組合で定められたものを基にして、1952年にアメリカ宝石小売商組合など複数の団体によって改訂されたものが基準と なっている。誕生石の種類は国によって若干の違いがある。日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石が古く、サンゴ(3月)・ヒスイ(5 月)が追加されている。イギリス・フランスでは、水晶(4月)・カーネリアン(7月)が追加されている。実際の誕生石の由来や加護の是非に全く関係なく、 宝石商たちの販売戦略に深く関わりがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』