オリンピックのエンブレムの侵害問題を考える

オリンピックのエンブレムの侵害問題を,しつこくまたかんがえてみる・・

改めて、自分で少し疑問に思って、いろいろ調べてみました・・

自分が少し疑問に思っていたのが・・というより思い込んでいたのは
佐野さんのエンブレムのロゴをみた時、問題にになったベルギーの劇場のロゴと
そっくりじゃん・と思い込んだことです。
しかし、これが著作権侵害にあたるのかどうかは、少し疑念があったのは、
このシンプルなロゴは著作物として著作権侵害の対象になるのだろうか?
というすっきりしないことをモヤモヤとおもってはいた。
商標権に関してはベルギー側は登録してないし。JOCも申請中で商標登録中で
登録はしていない・・
だから商標登録の話はここではなし・・

残るは著作権・・

果たしてこのロゴマークが著作物としてみとめられるのだろうか?

その辺の答えをもとめていろいろ検索して
かなり明確に答えがでたのはYOUTUBEにあった・・
https://www.youtube.com/watch?v=jiMKDM3AotM
著作権で著書も多い
福井健策さんらの説明にあった。
この放送を聞いていて、このロゴマークは著作権侵害に当たらんだろうと
思う様になった・
でもその後がいけない..
サントリーのトートバッグ問題、オリンピックエンブレムの空港とかの展示パネル
プレゼンテーション、これらは全く他人の写真作品をそのまま使ったとしか思えない
使用、これは後で本人もみとめているので議論の余地はないでしょう。
そういった意識の人がADを名乗ったり、デザイナー個人を名乗ったり
では・・もういやな感じしかおきないね・・
国民感情としては、著作権侵害とはいかなくても
やはり、ひっこめてもらいたい・・と思うのは自然かな
著作物であるか否かの議論は別にしても。
類似性は否めないし..依拠してないという発言も
ピンタレストのアカウントをなぜ急いで削除しおたのか?
推測でものをいうのはよくないですが、なにか釈然とはしない
これもネットのガセネタですが・・??

このYOUTUBEの説明にもあるように、もしベルギーの裁判所が仮処分差し止めをしたら

JOCは使っていけないでしょう。

判決はオリンピックだけに時間はかけないでしょうけどそれにしても時間はないから、この佐野さんのエンブレムはとりさげるしかないでしょう。
事実、とりさげましたね〜

(後になって,スイスでもベルギー側は提訴してますね〜)

このエンブレムの選考過程もなにか透明性はない、オリジナル案修正がデザイナーの永井一正さんはじめ審査員にしらさず直接佐野さんに修正させている。
なんかおかしいね・・

このYOUTUBEで疑問に思ったのは簡単にベルギーのロゴを簡単に探せないと弁護士さんは言ってたけど
それはないと思う、今の画像検索の技術は高い・・
ちょっとながくなったのでここまでにしますが・・
著作権に関して今回は結構勉強になりました。