季節の言葉12ヶ月


今日は立秋

二十四節気の中でいうとこの
立夏、立秋、立冬の四立。

季節を区分する言葉ですが

立秋は、夏至と秋分の中間、秋の気配が感じ始める時期という意味で使われる。

今日が立秋という事は、難しい天文学的な黄道?とかの位置関係?みたいなとこから
わりだしているらしいですが、私にはよくわかりません。

埼玉ですが確かに今朝はやや涼しげで立秋気配ですね・・

土曜日は立秋?↓
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/y_fukamizu/2015/08/07/29301.html


連日の酷暑からの感覚でしょうが・・
古来の日本(二十四節気は中国から伝来したような..?)言葉は美しいので好きですが
昔からの季節の言葉と現在の気象があわなくなっているとも実感します。

0 コメント

二十四節気(にじゅうしせっき)_2015年

二十四節気(にじゅうしせっき)_2015年

1年を太陽の動きに合わせて24の季節に分けたもの。
約2600年前の中国の気候がもとになっており、
日本の現状に重ならないこともありますが、
季節の変化を知るために暦の上での目印をして使われ、
行事などが行われます。

小寒(しょうかん)
1月6日
この日から寒の入り。寒さが本格的になる。

大寒(だいかん)
1月20日
一年で最も寒く、最低気温が記録される時期。

立春(りっしゅん)
2月4日
春の始まり。この日から立夏までが春。

雨水(うすい)
2月19日
雪が雨にかわり、雪が溶けて水になる季節。

啓蟄(けいちつ)
3月6日
虫が地中から出てくるという意味。

春分(しゅんぶん)
3月21日
昼と夜の長さがほぼ同じになる。

清明(せいめい)
4月5日
清浄明潔の略で、生命感がみなぎる季節。

穀雨(こくう)
4月20日
穀物を潤す春雨が降る季節。

立夏(りっか)
5月6日
夏の始まり。この日から立秋までが夏。

小満(しょうまん)
5月21日
万事が成長し、天地に満ち始める時期。

芒種(ぼうしゅ)
6月6日
稲など芒(のぎ)のある穀物を植える季節。

夏至(げし)
6月22日
一年中で、昼がいちばん長い日。

小暑(しょうしょ)
7月7日
梅雨が明け、本格的な暑さがはじまる。

大暑(たいしょ)
7月23日
一年中で、もっとも気温が高い時期。

立秋(りっしゅう)
8月8日
秋のはじまり。この日から立冬までが秋。

処暑(しょしょ)
8月23日
暑さがおさまるという意味。台風の季節。

白露(はくろ)
9月8日
草花に白い露が宿る、さわやかな季節。

秋分(しゅうぶん)
9月23日
昼と夜の長さがほぼ同じになる。

寒露(かんろ)
10月8日
草花に冷たい露が宿り、秋が深まる季節。

霜降(そうこう)
10月24日
霜が降りはじめる、晩秋。

立冬(りっとう)
11月8日
冬のはじまり。この日から立春までが冬。

小雪(しょうせつ)
11月23日
雪がちらほら降りはじめる季節。

大雪(たいせつ)
12月7日
雪が本格的に降りはじめる時期。

冬至(とうじ)
12月22日
一年中で、昼が一番短い日。

JUGEMテーマ:日記・一般
0 コメント

猫の日?それじゃ犬の日は?


猫の日というのがあるのも知らなかった。
ペットショップからのメルマガから知ったのだが
やはりごろあわせで
「ニャン・ニャン・ニャン」だ・・・
ということは11月1日は
「ワン・ワン・ワン」でやはり犬の日だそうだ
こういう語呂合わせでなにかさがして検索すれば
必ずなにかあるにちがいない・・
それやるほど暇人じゃないが・・


2月22日の「222」が猫の鳴き声「ニャン・ニャン・ニャン」と読めることから。
「猫の日制定委員会」が1987年に制定。ペットフード工業会が主催。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

0 コメント

晩春の言葉

桜
続きを読む 0 コメント

年賀状の慣用語・句

賀正
賀頌(がしょう)
頌春
謹賀新年
恭賀新年
恭賀新春
新春
初春
迎春
慶賀
慶春
賀春
新慶


明けましておめでとうございます。

新年おめでとうございます。

謹んで新春の祝いを申し上げます。

昨年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い
申し上げます。

旧年中は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼もうしあげます。

新春のお慶びを申しあげます。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中はお世話になりました今年も宜しくお願いします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

0 コメント