お祝い事


母の日

母の日は5月の第二日曜日
世界中の国でおこなわれている母への感謝の日
自分はもう母は亡くなっていないが・・
うちの子供たちにとっては母の日は、つまりかみさんへの感謝の日
ということである。
アメリカで始まった行事でアメリカのある女性が母の命日に
白いカーネーションを教会で信者の人たちに配ったのが始まりとされている
母のいる子供は赤いカーネーション、いない子供は白いカーネーション・・ということになったが
母のいる子供といない子供を区別することが幼い心に残酷だおいうことで、今ではすべて赤いカーネーションをつけることになった
・・・という

母の日のに必ずしも、物をプレゼントすることではなく
日頃、いそがしいお母さんのお手伝いで
労をねぎらうのもいいでしょう。

姑や実家の母にも感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。
電話で声だけのたよりでも。うれしいものです。
遠方なら早めにカードや贈り物を送っておきましょう。

基本的に、母の愛をなんらかの形であらわして
感謝する気持ちです。
巷の母の日目当ての商売に巻きこまれないようにしたいものです。


※参考文献_「これからの冠婚葬祭」小学館

0 コメント

結婚記念日の名称

結婚記念日には重ねて来た夫婦の年月によって呼び名がありますね。

●1年目_紙婚式
●5年目_木婚式
●10年目_錫婚式
●15年目_水晶婚式
●20年目_磁器婚式
●25年目_銀婚式
●30年目_真珠式
●35年目_珊瑚婚式
●40年目_ルビー婚式
●45年目_サファイヤ婚式
●50年目_金婚式
●55年目_エメラルド婚式
●60年目_ダイヤモンド婚式(イギリス)
●60年目_ダイヤモンド婚式(アメリカ)

だんだん、豪華な呼び名になっていきますね
気がつかないうちにうちは銀婚式は終わっていました
カミサンも気がついていない
知らせるのはやめよう・・(笑)

0 コメント

お返し

就職、入学、卒業、誕生日などのお祝いをもらったら、
お祝い返しは不要ですね。
心のこもった、礼状を送ればよいでしょう。
私はハガキで充分だとおもいます。
私は電話でお礼の言葉をもらうのが、一番うれしいですね。
相手の声がきけて、お話もできますし・・
でもお祝いをもらった相手が多数にわたればそうもいきませんね。

最近はメールなどもありますからメールでもかまわないとは
思いますが、一斉メールはなにか失礼な気もします。
携帯メールもちょと簡略すぎるとは思います。

美しい、それなりに季節感のあるものやそれぞれのお祝いにふさわしいグリーティングカードもたくさん市販されていますから
単なる官製はがきよりはよろこばれるかもしれませんね。

結婚、出産などは喜びを周囲の人にと分けるという意味で
「内祝い」を返すのがしきたりのようです。
必ずしも半返しということではなく、そのひとにあった
相手と自分の関係を考慮してその人らしさで
お返しをすればよいかとおもいます。
最近は結婚式などで、その時点でカタログギフトで自由に選べる
ものも多いですね。
去年、友人の結婚式にいただいたカタログギフトで
家族でもめましたね(笑)
結局、アイスクリームセットにおちつきましが(^ ^);

カタログギフトはべつにしても、
お返しの品にもこころのこもった言葉を一言そえる心遣い
も必要ですね。

0 コメント

長寿の祝い

還暦はめでたきことですが、やはり60ともなると、老人の仲間入りという
イメージが強く、なんだか、ショックです。
毎日の死亡記事を読んでも75歳ぐらいで亡くなる方が多いですから
そう考えますと
後15年、90歳まで生きても30年、
時間は過ぎてしまえばあっというまです。
60だからこそ時間のスピードが実感できます。
このあいだまで40歳と思っていたらもう60歳です。

しかし、人生の終わりはだれしもきます。
たぶん、終わりに対する準備期間は神様は用意してくれるのだと
実感することもでてきました。
終わりへの恐怖感は和らいでいくのですね。
むしろ終わりへの道はいやなものでもなく
生きている時間は年老いていくほど気持ちは肉体と反比例して
楽になるような気がします。
肉体の衰えはどうしようもなく、うまくおつきあいしていくしかないですね


さあ・・・今朝も歩いてきましょう!

0 コメント

祝いごと 長寿

長寿のお祝いと言えば還暦ですが
私も後3年半で還暦ですが、今の時代還暦は長寿とは
いいがたいですね。まだまだ、みなさん元気だし
働き盛りだし、遊びざかりだし・・
ピントきませんが・・
傘寿(さんじゅ)は当たり前の時代ですかね。
もちろん、白寿を超えたいですね。

___________

60歳  還暦(かんれき)
70歳  古希(こき) 
77歳  喜寿(きじゅ) 
80歳  傘寿(さんじゅ) 
88歳  米寿(米寿) 
90歳  卒寿(そつじゅ) 
99歳  白寿(はくじゅ)

0 コメント