季節の行事


ほおずきの市

四万六千日という功徳はしりませんでした。
まだほおずき市というものに言った事がないのは
情けないのでいってみたいものである。


四万六千日とほおずき市

浅草寺
下町の夏の風物詩「ほおずき市」。この日に参拝すると、「四万六千日間毎日お参りしたのと同様の功徳を得られる」と言われ、多くの人でにぎわいます。また境内には約200軒の露店が並び、威勢のよい掛け声が飛び交います。
http://matsuri.enjoytokyo.jp/hozuki/
0 コメント

十五夜

秋の夜に月を見る伝統行事「十五夜」
十五夜とは陰暦8月15日の満月の夜のこと。
今年は10月3日(日)がその日にあたります。
10月3日(土)は中秋の名月。お団子お供に風流に楽しむ、
愛でる。庭から眺める、
この際に月とはなんぞやの科学するもいいね。
恋人とすてきな十五夜を過ごしすのも結構。
日本の行事,イベントは大切にしたいものです。

関連キーワード

十五夜 お月見 お団子 すすき 中秋の名月 月 満月


お月見イベント
http://season.enjoytokyo.jp/tsukimi/

お月見ってなに?


お月見レシピ

0 コメント

七福神

全国の七福神めぐりガイド
全国の七福神めぐり一覧

七福神
一般には以下の七柱の神とされる。
七福神

恵比寿
古くは「大漁追福」の漁業の神であり時代と共に福の神として「商売繁盛」や「五穀豊穣」をもたらす、商業や農業の神となった。

大黒天
インドのヒンドゥー教のシヴァ神と日本古来の大国主命の習合。大黒柱と現されるように食物・財福を司る神となった。

毘沙門天
元はインドのヒンドゥー教のクヴェーラ神で、これが仏教の神のヴァイシュラヴァナ(多聞天)になり日本では毘沙門天と呼ばれる。

弁才天 (弁財天)
七福神の中の紅一点で元はインドのヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー神。七福神の一柱としては「弁財天」と表記されることが多い。

福禄寿
道教の宋の道士または、道教の神で南極星の化身の老子である寿老人の別名または同一神とされる。

寿老人
道教の神で南極星の化身の老子。

布袋
唐の末期の明州に実在したといわれる仏教の僧。

追福祈願
一般におめでたい存在、縁起物とされる。

* 正月に枕の下に、「七福神の乗った宝船の絵」を入れておくと、良い初夢が見られると言われる。
* 七柱それぞれの社(やしろ)を順に回り、縁起を呼ぶお参りがある。これを七福神めぐりと言う。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
0 コメント

秩父夜祭り

12月2日~3日(祭りの日は年によって多少ちがいます)
秩父地方の総鎮守・秩父神社の例大祭(その神社で定められた日に行われる大祭。)
二基の屋台と四基の傘鉾がくりだす。
屋台は屋台舞台があり屋台芝居を上演。
夜祭りとあって
神輿が秩父神社を出発し
午後7時に提灯でかざられた屋台がくりだし
祭りは最高潮に達する。
http://www.chichibuji.gr.jp/yomaturi/16yomaturi.html

0 コメント

酉の市

酉の市というお祭り?がよく知りません
知っているのはニュースなどで商売繁盛の熊手を売っている
事ぐらい
招き猫などの縁起物などの出店がも出ているようですね。
買ったお客さんの周りに集まって、よーお!という
手締めは見ていて本当に元気になりそうですね
今年もあまりいい事なかったので

明日、「酉の市」が行われている神社に
いってみるかな?
熊手で福運をかき集めるか!

酉の市
浅草酉の市

0 コメント